So-net無料ブログ作成

逃げ場所 [これでも社会人]

 帰宅直前に声をかけられて、翌日の業務依頼。

 「1時間くらいいいですか?」って話で、渡された資料を確認したら、疑問点がいくつか。で、質問したら、当人が分かっていないってどういうこと?

 それで「1時間くらい」ってよく言えるな。。。資料作成した別の人のところに行って、あれこれ確認。

 今月の残業続きは、自分の予定管理の甘さも悪いんだが、それでもPC閉じて帰宅寸前に、これってどーなんだろ。

 苛々が収まらない。で、大概そういう日の夜は、決まってみる夢がある。

 前職に復職してるって内容。年齢は昔のままだったり、今だったり。人は昔のままなんだけど、自分の動きが不慣れに戻ってる。
 
 面倒なこと山もりだったけど、結局居心地は良かったんだよね。下っ端だったから、上の人たちには可愛がってもらえたし。

 夢の中で、工場長に戻ってきたことを報告して、職場の最寄り駅で昔のように苦手上司の背中を探していた。

 翌朝目覚めたとき、どっちが現実の仕事か分からなかった。で、夢だと分かって、布団の中で泣きそうだった。

 変われないままだ。頼ってしまっている。辞めてから何年も経つのに。どうして、こうも幼いままなんだろう。

 ちゃんと、胸張って「大丈夫です」と報告したいのに、遠いなぁ。

 当の依頼業務は、5時間かかりました。変更できる業務は、来週以降へ。1時間って、何だよ。後工程に別の人が絡むから昼休み返上。前日からの苛々が収まらないまま。

 長時間PC睨み付けていたからか、苛々のまま飛ばしたからか、午後は久しぶりの不安定。苛々しない寛大な心よりも、苛々を表に出さない技術が欲しい。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。