So-net無料ブログ作成
検索選択

新春なので [時には芸術]

今年1回目の歌舞伎に行って参りました~。去年は8回も行ってしまった、きっと過去最高数。そんな去年同様、今年も新春浅草歌舞伎からスタート。


09'新春浅草歌舞伎.jpg

 
 我ながら朝からテンション高くて×2。だって、お年玉挨拶が七之助なんですもの~。中村亀鶴(きかく)、片岡愛之助、中村獅童は見たことがあった。が、中村屋さんは初!紋付き羽織袴で登場。

ヤバイ、可愛すぎる。


 挨拶はちょっと辿々しかった。見られただけでも満足なんですけどね。思いっきり午後の部と大阪松竹座講演の宣伝がしていて笑えた。大阪、行きたい。愛之助兄さんが見たい。あの方の紋付き羽織袴も吐血並みに素敵だ(危)!

 さて、演目ですが。1本目、「一條大蔵譚」。平安末期、平家全盛の時代。一條大蔵長成は「阿呆」で有名な公家。そこへ亡き源義朝の妻・常磐御前が嫁いでいる。平家一派は常磐が源氏再興の機会を窺っているのではないか、と大蔵卿の元へ監視を送り込んでいた。一方、常磐が源氏再興の志無しと思った源氏の吉岡鬼次郎も、彼女を打ち据えようと奥殿へ忍び込む。

 まあ、ここから各々の心中や真相が打ち明けられるわけです。見所は大蔵卿の全て。いや、とにかく「阿呆」ぶりが可愛い。以前、勘三郎と勘太郎が演じた時は、お歯黒でホケホケ笑う姿や椅子から転げ落ちる場面にヤラレタ。

 今回の演者は市川亀治郎。分かりやすく言うと、大河ドラマの武田信玄役だった人。舞台では姫役でしか観たことがなかったせいか、今回の立ち役で小ささに驚いた。男女蔵(おめぞう)が大きかったせいもあるかもしれないけど・・・・・・。でもねぇ、上手いのですよ。演技も踊りも。踊りなんか特に!「阿呆」ぶりも良し。ちっさいけど存在感が負けてねぇ。

 気になったのは中村松也(まつや)。踊りが・・・・・・周りとテンポがずれた事も首を傾げたい所だが、何より腰が高い。もっと落として欲しい。女形を演じるなら特に。素顔が普通に綺麗な人だから、舞台化粧をすると若いのにオバサン顔になっちゃうのもなぁ・・・・・・勿体ないわぁ。

 踊りに関しては何年か前の七之助の連獅子だってビックリするぐらいグダグダだったから、どう伸びるか。不安&期待。

 
 2本目、「土蜘(つちぐも)」。『今昔物語』や『宇治拾遺物語』で武勇伝が知られている、源頼光による土蜘退治の話。

 頼光役の松也は悪くない。声も綺麗だし。立ち役向きなのか??地味目だけど亀鶴も上手いのよね。主役級じゃないけど、手堅いのですよ。

 ここでは土蜘の精役の勘太郎が断然光ってました。初めは僧として近づき、頼光の命を狙うが返り討ちに合う。その後土蜘の本性を表す。立ち回りの際に真っ赤な口を開き、睨みを利かせ、白糸を投げつける。その姿は圧巻。普通に怖いって(笑)。人外役のため、より低く掠れた声にも役作りの拘りを感じた。

 う~ん、そうなってくると今回の七之助って地味だ。1つ目の常磐御前も、2つ目の胡蝶(御上からの薬を届けに来た女性)も、あまり動きがない。否、動きますよ。胡蝶は舞うし。ただ、「土蜘」が能狂言から取り入れた作品のため、舞いも「能」の舞いになってしまう。うん、前半部はめっちゃ眠かった(マテ)。
 後半部の土蜘を討ち取る場は歌舞伎の動きがメインになるけど、ここにはもう出てこないし!姫役は綺麗で可愛らしいのだが、如何せん表情が乏しい。午後の部は「京鹿子娘道成寺」で踊りメイン。ブロマイドを見たが、同じ表情ばっかり。つうか、常磐役で多少なり表情が動くのに、その写真が無い(爆)。

 しかし「京鹿子娘道成寺」の主演を七之助がやるとはね。約1時間の舞台をほとんど1人で踊りきるんですよ。体力・技術共に高度のレベルを要求される、歌舞伎舞踊の頂点と言っても過言じゃない演目。派生形の一つである、「奴道成寺」を三津五郎で観たことがある。あれは「圧倒的」に上手い人が演じる役。
 演目と役名発表を知って、役名負けすると思っていた。今回自分は観られないのだが、母君愛読の観劇blogでは酷評された様子で・・・・・・や、やっぱり


 良いのですよ。あんだけグダグダだった連獅子が綺麗になったんですから。数をこなせばきっと上手くなるんです。磨けば光るんですから。っていうか、その成長ぶりを観るのが楽しい。変なところで親気分(笑)。

 「数をこなす」ってのは、当然自分にも言えることなわけで。彼らの成長を目の当たりにすると元気を貰えるのです。可愛さに吐血しそうになっているだけではなく、「継続」の大切さを知るのです。歌舞伎を好きな理由の1つだろうな。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 4

きむたこ

いいなー、歌舞伎!
ワタシもほぉんとひさひぶりに見に来たい。
素敵な時間になりましたね☆
by きむたこ (2009-01-17 15:50) 

kuwachan

こんばんは。
新年早々楽しまれたみたいですね♪
昨年は8回もですか!すごい(@_@;)
歌舞伎座のさよなら公演には
是非足を運びたいと思っています。
by kuwachan (2009-01-21 00:36) 

ShyBoar

こんにちは。
こちらにもお邪魔させていただきました。

七之助君の道成寺、私が観たのはまだ初日から二日目でしたが、頑張って取り組んでいるように思えました。

歌舞伎は長い目で見ていくこと、共に年数を重ねていくこと自体が楽しみですし、今から観ておくと将来の財産が増えるので、年間8回と言わず沢山観る機会が持てると良いですね。

勝手ながらTBも送らせていただきました。
by ShyBoar (2009-01-24 12:46) 

氷白蓮

>きむたこサマ
すみません、レス遅くなりました(汗)。
新年早々、満喫して参りましたぁ。ワクワク感どっぷりです。

>kuwachanサマ
最高記録です、8回。
歌舞伎座のさよなら公演は出演者を見て、睨めっこしてます(苦笑)。
母君が3月に行くと行っていたので、便乗するかもしれません。

>ShyBoarサマ
御訪問、ありがとうございます。TBまで、感謝です。
贔屓だと尚更気になってしまう次第です。
これからも彼らの成長を見続けていきたいと思っています。
ちょっとした変化でもドキドキしますよね。


by 氷白蓮 (2009-01-26 20:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。